皆さま こんにちは!

エブリデイゴールドラッシュ ジュエリー部門の菊池です。

宝石やジュエリーの素晴らしさや知識を皆さまにお伝えでき

少しでも興味を持っていただく方が増えたら嬉しいです。

よろしくお願い致します!

 

今回は第1回ということで宝石と言ったら・・・・

そう!「ダイヤモンド」ですね!

その前に、

「宝石」の定義とは?

(1)「美しさ」:色彩・透明度・光沢・模様など優れており、美しいこと
(2)「耐久性を持つ」:傷がつきにくく、丈夫で、美しさを保つこと
(3)「希少価値がある」:産出量が少なく入手が困難であり、希少であること


では、「ダイヤモンド」についてご紹介していきます。

 

・ダイヤモンドとは?

ダイヤモンド(日本語だと金剛石とも言います)

炭素 (C) の同素体の1つであります。

4月の誕生石、石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」など。

現在、天然の中で一番硬い物質です。モース硬度「10」

※劈開性があるため割れないわけではありません。

・ダイヤモンドはどうやってできるの?

ダイヤモンドは、百数十kmもの地球の深部で、およそ6万気圧、2,000 度にも達する高圧高温下で、

さまざまな条件がそろったために出来たといわれています。

・産出国は?日本でも採れる?

ロシア・ボツワナ・コンゴ民主共和国・オーストラリア・南アフリカ共和国・カナダなど

今まででは採れないと言われてきましたが、2007年、1μm程度の極めて微小な結晶が愛媛県四国中央市産出のかんらん岩から発見されました。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』抜粋

 

次回はダイヤモンドの「4C」についてお伝えしていきます。