皆様こんばんは~、エブリデイゴールドラッシュの

伊藤です。

お茶やコーヒーを楽しむ時、器を気にしていますか?

同じ飲み物でも食器の口当たりによって味の感じ方が変わるので面白いですよね。

今日は出張買取でも依頼が多い食器の中から

「マイセン」

についてお話をしますね。

洋食器の中でも群を抜くデザイン性と美しさでとても人気が高いアイテムです。

目次

*マイセンについて

*主なデザインは?

*食器以外の品物も人気が高い。

*まとめ

 

*マイセンについて

マイセンはドイツのマイセン地方で製造される磁器商品の呼び名になりに西洋白磁の頂点に君臨する名窯です

中国など東洋から伝わった白磁は欧州圏内では非常に質の高い芸術品レベルで憧れの品物だったそうです

初期のマイセンのデザインは中国の五彩磁器や日本の伊万里焼の影響を受けて現在まで様々なものが製造されました。

1720年頃ウィーンから招かれた絵付師によってヨーロッパ的なロココ帳の作品が主流になりました。

以降、工場私設の芸術学校が創設されたりして、より細かで美しいデザインが増えて行ったそうです。

有名な2本の剣が交差したマークは贋作防止の為、刃や鍔の傾きなどは年代によって変化しています。

*主なデザインは?

 

「ブルーオニオン」

マイセンの中でも有名なデザイン。東洋磁器の青いデザインのザクロが間違えてタマネギ(オニオン)と間違えられ作られたという話は有名です。
中国でその後、桃や竹のようなデザインも加わり縁起を象徴するデザインになっています。

「ブルーオーキッド」

蘭の花がメインのデザイン。
アジア系の美のが強くでていおり使用された際に栄えるデザイン「用の美」を追求した品物が多いです。

「柿右衛門」

日本の有田焼の柿右衛門様式のデザイン。花鳥図特有の「静」「動」が色彩豊かに描かれた品物です。

柿右衛門のデザインはマイセンに多大な影響を与えています。

などあります。

他にも素晴らしいデザインが多くあるのも魅力ですよね。

*食器以外の品物も人気が高い。

洋食器として名高いマイセンですが、食器以外にも磁器人形(フィギュアまたはフィギリン)でも人気が高いことで有名です。

磁器が持つ独特な透明感と光沢感に花の花びら1枚1枚まで作り込むマイセンの精密な技術力が重なることで芸術品のレベル

まで高められています。

雛人形もあり、日本独特の「和」の美しさと一味違った「和」と「洋」を併せ持つ素敵な品物もあります。

*まとめ

焼き物の茶碗や花瓶など「共箱」という箱が必要なものに比べ、マイセンは商品だけでも非常に価値が判断しやすい品物です。

状態やデザインによって色々ありますが人気が高い品物です。

店舗へ持ち込みが心配というお客様は是非出張買取をご依頼ください。

ご相談だけでもよろしいです。

ご依頼連絡先は

0120-187-339

です。

ご依頼お待ちしています。

 

お知らせ

4月は会員、フォロワー様限定の買取UPキャンペーンです!
まだ登録がお済みで無い方は、LINEでエブリデイゴールドラッシュ と
検索してみてくださいね♪

エブリデイゴールドラッシュホームページはこちら♪

エブリデイゴールドラッシュ  楽天市場はこちら♪

銀座東洋ジュエリーはこちら♪

東洋ルースはこちら♪

東洋ルース Twitterはこちら♪

エブリデイゴールドラッシュ  Twitterはこちら♪

エブリデイゴールドラッシュ  出張買取 伊藤のTwitterはこちら♪

それでは、また次回!