皆様こんばんは~、エブリデイゴールドラッシュ 改め

東洋堂のDr.コットウこと伊藤です。

・・・正確にはDr.コットウにむけて修行中です

今回は日本が世界に誇る「美」の形、磁器についてお話をさせていただきます。

日本の場合、磁器は昨日も書いたとおり陶石と言われる特殊な石を使って創る器などの事を総じて呼びます。

磁器は陶器と違い、吸水性がなく焼きしめると金属音のような高音が響きます。

磁器の美は芸術的な面を持ち、只の器ではなく飾り物としても人気が高い品物が多くあります。

それでは磁器についてお話をしていきます。

目次

*磁器の種類について。

*有名な磁器 有田焼と伊万里焼。

*お買取について。

*まとめ

 

*磁器の種類について。

磁器には様々な居合が存在しますがその中でもメインになるのが「白磁」と「青磁」です。
 

「白磁」は好き通る様な白い地肌が特徴的な磁器

お米のとぎ汁のような色合いから白地の段階を濁手(にごしで)と呼ばれることもあります。

 

 

「青磁」は独特の青緑の地肌の磁器です。

 

「白磁」の美しさと絵付けした際の鮮やかさはヨーロッパの磁器文化に大きな影響を与えたことは有名な話ですね

「青磁」は多くの文人・知識人に愛されました。理由の一つに翡翠に近い色合いがあり古代より高貴なものとして愛されていました。

青磁は価値あるものとしてす。

*有名な磁器 有田焼と伊万里焼。

 

伊万里焼

近世初期以来、有田、三川内(長崎県)、波佐見(長崎県)などで焼かれた肥前の磁器は江戸時代には積み出し港の名を取って「伊万里」と呼ばれていたそうです。

明治以降は輸送手段が船から鉄道へ移りかわり、有田地区の製品を「有田焼」、伊万里地区の製品を「伊万里焼」と区別するようになった。

有田を含む肥前磁器全般を指す名称としては「伊万里焼」が使用されているようです。伊万里が総称でその中の区別で有田があるというのはおもしろい表現ですよね。

伊万里焼は金彩などで施された絢爛な模様が有名ですが「初期伊万里」と言われる白地にコバルトブルーの絵付けがされている物もあります。

有田焼で有名な模様の様式は柿右衛門様式ですよね。白地に赤を基調とした鳥や花の絵付けで描かれた模様の余白を楽しむ逆転的な視点で世界のマイセンの絵付けに影響を与えた有名模様です。

*お買取について。

磁器も創られた場所と作家様の名前(作家様によっては何代目か)で価値が変わります。

次いでお買取の際に重要なのが「共箱」と言われる木の外箱です。

共箱はブランドのギャランティーカードや宝石の鑑定書の様に品物を証明する大事な役割があります。

東洋系の陶磁は特に重要で、あると無いとでは買取価格に大きな差が出る時があります。

只の保管用の箱ではないので是非一緒にしておいてください。中身が違う・・・なんてこともあるので注意してくださいね。

*まとめ

光沢と爽やかなイメージがある磁器に透き通るような美しさがあります。

磁器人形(フィギュア、フィギリン)と呼ばれる作品は独特の表現と美しさがあり、見た人を引き込むリアルさがあります。

作家様や職人様の皆様が懸命に仕上げた品物はどれも美しいものです。

それを手にした皆様にたくさんの思い出やお話、想いがありますよね。

私たちはそういう目に見えない想いも継いで新たな使い手に繋ぐ事を意識しています。

お売り頂いた皆様には新たな楽しみが見つかったと思います。

店舗へ持ち込みや宅配買取が心配というお客様は是非出張買取をご依頼ください。

お品物の査定やご相談だけでもよろしいです。

すべて無料で行っており、お客様のご負担は一切ございません。

ご依頼連絡先は

0120-187-339

です。

ご依頼お待ちしています。

出張買取の案内はこちら

お知らせ

緊急事態宣言が解除され、新たな日常がスタートしています。

店舗へご来店が難しい方は宅配買取もオススメしております。

実費0円でご利用いただけますので、この機会にぜひお試しくださいませ。

宅配買取の案内はこちら

 

骨董取り扱いの東洋堂のホームページはこちら♪

 

 

骨董取り扱いの東洋堂のTwitterはこちら♪

 

 

エブリデイゴールドラッシュホームページはこちら♪

エブリデイゴールドラッシュ  Twitterはこちら♪

 

エブリデイゴールドラッシュ  楽天市場はこちら♪

銀座東洋ジュエリーはこちら♪

東洋ルースはこちら♪

 

東洋ルース Twitterはこちら♪

 

エブリデイゴールドラッシュ  出張買取 伊藤のTwitterはこちら♪

 

それでは、また明日!